美肌を目指すためには腸内環境を改善しよう

女性

体の変化と対策

漢方

時期や症状に差があります

女性の更年期が始まる時期は、それぞれ異なります。一般的には、閉経の数年前から更年期的な症状が現れるケースが多いです。平均すると、45歳前後から徐々に更年期の症状が現れます。生理が乱れたりほてりが見られるなどの症状が、主な更年期のサインです。更年期には、女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。ホルモンの分泌具合によっても違ってくるのが、更年期の症状です。更年期の症状は、全身に起こり得ます。特に多いのが、頭痛や肩こり、不眠などの自律神経系の乱れによる不調です。汗や唾液の分泌量が低下したり、動悸を感じることが増えます。舌に違和感を感じることもあり、他の病気と混同しやすいのが大きな問題です。漢方薬などは、こういった症状の改善に期待が持たれている薬の一つに挙げられます。

サプリが利用出来ます

このような更年期の時期には、体の機能にも大きな変化が起こります。例えば、女性ホルモンが減少することで、影響を受けるのがコレステロールです。更年期以降は、このコレステロールが上昇する傾向が見られます。更年期特有の血行不良による冷えは、コレステロールの悪影響を増大させる要因の一つです。この時期は、動脈硬化のリスクも一気に高まります。漢方素材を使用したサプリメントの中には、こういった血流の悪さを改善する商品があります。サポニンの効果で血流を良くしてくれるのが、高麗人参配合の漢方系のサプリメントです。このような商品を利用すれば、コレステロールの代謝も促される可能性が出てきます。漢方素材には様々な効果効能があり、活用法も多彩です。